水のトラブルが起きた際の水道工事について

水のトラブルが起きた際の水道工事について 生活場面で、詰まりや機器の不具合に伴った水のトラブルは起こり得ます。特に水道工事は、相応に大がかりな作業となります。種類を大きく分けると2種類があり、公道の排水管から敷地内や屋内のメーターボックスまで行う給水管引込があります。メーターボックスから第一止水栓、蛇口に至る屋内配管による施工も含まれます。可能な範囲早く水のトラブル解消へと繋げていきます。



■水道工事においてためになる豆知識

水道工事をする際、重要になることとして、給水方式の関する知識です。3種類ありますが、一つ目は排水管から直接パイプに給水するタイプを直結式です。一般家庭で主に用いられています。受水槽を設けてそこで溜めた水を使用するタイプが受水槽式で、受水槽を経由しないでパイプで水圧を高めてから行うものが中高層直結式です。それぞれ、賃貸物件やビルテナントなど複数の生活拠点がある建物で使用するタイプです。水のトラブルが起きた際に水道工事をするにあたり、各建物に合ったもので施工へと繋げています。下水道の場合は、家庭排水や雨水を流す管の施工となり、給水管とは異なる仕組みとなっています。
給水管など使用する用具を給水装置と言い、引きこみから屋内配管に至るまで一貫して行うものが、配置工事です。第一止水栓は、水が蛇口から出る際の元栓のことで、開閉をすることで水道の出し入れを調整する仕組みです。

■水道工事業者の選ぶ際のポイント
自分で水道工事を行うとなれば、相応の期間と労力を要するため難しいです。間違った処置をしてしまうと、新たな水のトラブルが発生しかねません。そのため、必要な場合は専門業者に依頼してください。
業者選びのポイントとしては、指定店であるか否かは大きな要因となるでしょう。審査のシステムは、代表をはじめ専門スタッフが講座受講や筆記などの資格試験に合格をしていることが条件となります。そのうえで、行政やメーカーに申請を行って認定を受けた業者に与えられます。必要な知識と工具があることを認められているうえ、小さなトラブルが起きても迅速かつ丁寧な作業を受けやすくなります。
一方、指定を受けていない業者が水道工事を行うことは、法律で禁止されています。会社はもちろん、依頼した方にも何かしらの罰則を受けることになりかねません。住んでいる自治体のホームページからでも情報収集が可能ですので、依頼をする前に確認をすると良いでしょう。

■水道工事に掛かる費用について

水のトラブルが起きた際、大がかりな水道工事を必要となれば、相応の費用が掛かります。見積もりをとることで、おおよその流れがわかりますが、業者選びのポイントにもなります。
使用する材料や内容、金額が明確に記している所は安心できます。そのうえで、小さなことでも質問に明確に答えてくれる場合は信頼の高さを確認することに繋がります。
費用が掛かりやすい要因としては、基礎工事以外のことがあります。給水管引込では、アスファルトの舗装の暑さによって別途工賃が必要となります。道路での施工があれば、交通整理を行う誘導員スタッフの手当てを要します。屋内で作業をする場合でも、壁を開けたりなど技術を要する内容もあります。部品交換だけで間に合わなかったり、付帯工事を要する場合も相応の費用が掛かります。安いだけで依頼をすることなく、信頼できる業者選びが必要となるでしょう。

■まとめ
水道工事が大がかりな作業となれば、専門の技術や道具がないとできません。そのうえで、費用以外で安心できる要因がある業者に依頼をすることで安心安全な作業を受けられます。小さな水のトラブルが起きても、迅速な対応をしてくれる所は末永い付き合いができるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース