水のトラブルが起きた際の配管の水道工事について

賃貸物件や家屋など、配管が劣化することで水のトラブルが起きやすくなります。それに伴い、水道工事などをすることで中長期的に快適な住生活を送りやすくなるでしょう。

■住宅配管の寿命について

住宅で使用される配管の種類ですが、古い建物では鋼管を使用しています。頑丈であり寿命も相応に長めですが、経年劣化に伴い錆びやすくなります。そのうえ、衛生面でも良くないため、水のトラブルの原因になりかねません。可能な範囲で早めに水道工事専門の業者に依頼をして、排水管の交換をすることがおすすめです。
近年建てられた建物であれば、宅内配管に樹脂管が用いられています。その分、外気の影響を受けにくいため錆が生じにくい点が特徴となっています。一方、熱に弱い所がありキッチンや風呂などで熱湯を流す時間が多いと、繋ぎ目に負荷が掛かってしまいます。それに伴い、水漏れなどのトラブルが起こりかねません。
年数ですが、20年が一つの基準となりそれを超えると何かしらの水のトラブルが起きやすくなります。日頃から使い方を注意しつつ、気になる症状が出た場合は、水道工事専門の業者に相談しましょう。

■場所に応じた配管施工について

配管を設置する場所は、いくつかありそれぞれ良し悪しがあります。
壁から接続をされている場合は、配管の大半を壁の中に納められています。デザイン性が良く、見た目に美しいことも特徴の一つです。収納スペースも確保されていますから、掃除やメンテナンスをしやすいです。ただし、水道工事をするにあたり新たに配管を通す場合は相応の作業が必要になります。また、十分な幅が取れないなどで流れにくくなるなど新たな水のトラブルが起きかねません。
床配管であれば、水栓が設置しやすいため調整や排水を行いやすい点が特徴となっています。壁工事のような大掛かりな水道工事がないため、費用も抑えられます。特にキッチンやトイレは、水以外の異物が流れます。床排水により、太いパイプを設置することでも快適な水の使用に繋がります。
それぞれに特徴がありますが施工についてわからないことがあれば、水道工事専門の業者から建物診断を受けたり、見積もりを立ててもらうと安心です。

■まとめ
配管には種類がありますが、どのような素材でも使用し続けることで少なからず水のトラブルが起こりやすくなります。水道工事専門の業者に相談を行い、目的に応じた施工を受けることで、長期的に快適に水を使用することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ