水道分岐工事を行う際のポイントや水道 評判の確認

水道分岐工事を行う機会として、新築を建てた時だけでなくトイレなど水回りの増築やリフォームを行った際も必要となります。口径変更の作業を依頼するにあたり、業者の水道 評判についても確認するポイントの一つです。信頼できる業者が施工を行うことで、中長期的に快適な生活を送りやすくなります。

■水道の口径について

水道の口径は、道路下に埋め込まれている排水管から分岐をしたところにあります。そこから、宅地内にあるメーターに排水管などが引き込まれる仕組みです。
目的に応じた工事を行うにあたり、口径の仕組みを知っておくことがおすすめです。口径が大きくなればなるほど、流せる水の量が増えます。概ね家庭用では13mmと20mmの2種類ですが、近年では20mmの口径を採用している自治体が増えています。
決める際は、自分の判断で行うことができません。水道工事業者が設計や計算を行ったうえで、最大使用水量などを計算してから決定へと繋げています。水道 評判の良い業者であれば、建物診断を的確にしてもらえるうえ、明確な説明も受けられます。質問が生じても、わかりやすい説明をしてくれる場合は安心して依頼することができます。

■水道の口径を変えると快適な使用ができるか否か

水道工事をする際、口径を変えることでライフスタイルに合った水回りの機器の使用ができるか否かは、一つのポイントとなります。
分岐部分の口径を広げることで、一度に使用する水量が増えるうえ、水栓の同時使用が可能です。特に家族が多い場合には、快適な住生活を送れるでしょう。リフォームをする際も、自治体から許可を得るために口径を広げる作業は欠かせません。ただし、作業を依頼するとなれば相応の費用が掛かります。末永く快適な使用をするためには、水道 評判の良い業者に依頼をすることも、必要な作業となります。
小さくする作業は、水道代の節約にもなります。特に高齢家族だけだったり独身家庭の場合は、他に費用を充てることが可能です。一方、それだけに捉われてしまえば生活に支障をきたしてしまいます。見積もりを出してもらうなど、中長期的なライフスタイルに応じて施工へ繋げることが必要です。

■まとめ
口径を広げるなど、分岐部分の水道工事をするにあたり、相応の費用が掛かります。水道 評判の良い業者に相談をすることで、ライフスタイルに応じたプランを提供してもらえます。見積もりや相談を無料で行っている場合は、一度診断を受けてみると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ